JPSA ショートボード最終戦 脇田泰地&都筑虹帆が優勝!グランドチャンピオンは西慶司郎&松岡亜音に決定!

2021年11月15日~18日、愛知県田原市(伊良湖・ロコポイント)で行なわれたPSA2021ショートボード最終戦『ALL JAPAN田原プロ』。メンズは脇田泰地が優勝、ウィメンズは都筑虹帆がそれぞれ初優勝した。

メンズ決勝は、西慶司郎と脇田泰地のカード。序盤から両者がハイスコアを出す中で、脇田が大会最高となる9.00ptをスコア!ヒート終盤では、西がインターフェアとなり、その時点で脇田の大会優勝が決まった。

ウィメンズ決勝は、須田那月と都筑虹帆の対戦。須田は2019年のグランドチャンピオン、都筑は2019年のルーキーオブザイヤーという実力者対決だ。 伊良湖出身の都筑が序盤に6.67ptを出すと、その後もリードを崩さず合計13.27ptでフィニッシュ。地元ポイントで、JPSA初優勝を掴んだ。

この結果により、グランドチャンピオンは西慶司郎と松岡亜音に決定!

松岡は、ルーキーイヤーにグランドチャンピオンという偉業を達成した。

試合結果

■メンズ

1位 脇田泰地

2位 西慶司郎

3位 田中大貴、辻裕次郎

■ウィメンズ

1位 都筑虹帆

2位 須田那月

3位 松岡亜音、高橋みなと

■2021年ショートボード グランドチャンピオン

メンズ 西慶司郎

ウィメンズ 松岡亜音

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.