WSL2022 CTファイナル|ステファニー・ギルモアとフィリペ・トレドが世界王者に!五十嵐カノアは5位

2022年9月8日、アメリカ・カリフォルニア州サンクレメンテで、2022年のCTツアーが計10戦を経てついにファイナルを迎えた。

ウィメンズではステファニー・ギルモアが、メンズはフィリぺ・トレドが世界タイトルを獲得した。

レギュラーシーズンを終えた時点で5位だったギルモアは怒涛の勝ち上がりをみせた。

ブリッサ・ヘネシー(CRI)を第一試合で破り、続く第2試合でタティアナ・ウェストン・ウェブ(BRA)に勝利。世界ランキング2位のジョアンナ・デフェイ(FRA)を6ポイント以上の差をつけて勝利し、決勝に進出。 今シーズン4度CT戦決勝を戦ったカリッサ・ムーア(HAW)にも、ギルモアは勝ち上がってきた勢いそのまま、圧倒的な強さを魅せて史上最多の8度目の世界タイトルを獲得!

WSL INSTAGRAM

WSL INSTAGRAM

五十嵐カノア INSTAGRAM

優勝したフィリペ・トレドは、CTの試合では13勝を挙げ、世界中の大会でパーフェクト10を叩き出すトップ選手。しかし、世界タイトルはこれが自身初。

決勝では、カノアを下したイタロがトレドと対決。2ヒートとも接戦ながら、両ヒートともフィリペ・トレドが勝利した。

WSL INSTAGRAM

WSL INSTAGRAM

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.