WSLロングボード初戦@サーフランチは田岡なつみがセミファイナル5位

WSLロングボード・ツアーの初戦『Cuervo Surf Ranch Classic』が2021年9月28~29日、カリフォルニア州の「サーフ・ランチ」にて行われ、フランスのエドワード・デルペロ(メンズ)とハワイ出身のホノルア・ブロムフィールド(ウィメンズ)が優勝を果たした。

ホノルアは、ファイナルでパーフェクト10を叩き出し会場を沸かせた。
日本からは、田岡なつみと井上鷹が参戦。
田岡なつみはセミファイナルで敗退し5位でフィニッシュ。

井上鷹はQualifying Roundを18位で終了した。

田岡・井上をはじめ参加選手達からは「難しい波だった」という声も。 自然の波とは一味違うウェイブプールでの戦いに刺激を受けた選手も多そうだ。

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.