US Open初戦(カリフォルニア)、五十嵐カノア3位・脇田紗良5位でフィニッシュ!

9月20~26日、2022年のクオリファイを決めるWSLのCS(チャレンジャー・シリーズ)初戦『US Open of Surfing Huntington Beach presented by Shiseido』がカリフォルニア・ハティントンビーチで行われた。メンズ優勝はグリフィン・コラピント(USA)、ウィメンズは15歳の新鋭ケイトリン・シマーズ(USA)が優勝した。 

日本勢は、五十嵐カノアがSFに進みエアリバースで魅せるも、勢いに乗るグリフィン・コラピント(USA)に敗退し3位でフィニッシュ。

女子は脇田紗良がQFに勝ち進み、ケイトリン・シマーズ(USA)に敗れるも5位と健闘した。 

初戦カリフォルニアに続き、2021年中のCSはポルトガル、フランス、ハワイと3戦が続く。2020年東京オリンピアンをはじめWSLで戦う日本勢に注目だ。 

日本人選手の結果は以下の通り。 

■メンズ  

五十嵐カノア 3位(セミファイナル) 

村上舜 ベスト16(ラウンド4) 

大原洋人 ベスト24(ラウンド3) 

稲葉玲王、西修司 ベスト96(ラウンド1) 

■ウィメンズ  

脇田紗良 5位(クォーターファイナル) 

都筑有夢路、松田詩野 ベスト32(ラウンド2) 

黒川日菜子、野中美波、前田マヒナ ベスト64(ラウンド1) 

なお、WSLは2021年からツアーの構成を変更した。以前の構成はCT(Championship Tour)とQS(Qualifying Series)の2部構成だったが、CT、QSの間に新たにCS(Challenger Series)が設けられた。年初から7月までのQSの結果によって、CSへの出場資格が決まり、8月から年末までかけて実施されるCSの年間ランキングで男子はベスト12、女子はベスト6に入ることでCTクオリファイとなる仕組みになった。

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.