ロングボード世界チャンプ決定!田岡なつみ5位・井上鷹9位/WSLロングボード第2戦(マリブ)

2021年10月3~13日、WSLロングボード・ツアーの最終戦となる『Jeep® Malibu Classic presented by Havaianas』が、カリフォルニア・マリブで開催された。

ジョエル・チューダー(USA)がメンズ優勝、アリス・リモイン(FRA)がウィメンズ優勝を果たした。

またこの結果により、メンズは45歳のジョエル・チューダーが1998年、2004年に続き3度目のワールドチャンピョン(史上最年長)に。ウィメンズは、本大会を2位で終えた22歳のホノルア・ブロムフィールドが史上最年少の3度目のワールドチャンピョンとなった。

日本勢は、田岡なつみと井上鷹が参戦した。

田岡なつみはクオーターファイナルに進み、今回優勝のアリス・リモインに敗れて5位でフィニッシュ。最終ランキングを7位につけ、2022年ツアーにリクオリファイを果たした。

Article by Shiori.H


最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.