WSL ビッグウェーブツアー・ナザレが終了 ‐ ルーカスとジャスティンが優勝!

2020年12月13日、WSLのBWT(ビッグウェーブワールドツアー)の1つである『The TUDOR Nazaré Tow Surfing Challenge』が無事に終了した。

開催地であるポルトガルのナザレはビッグウェーブの聖地とも言われる場所だ。

コンディションは、40~50ft(約12~15m)のクリーンなオフショアで大会が開催された。

出場サーファー同士がタッグを組むチーム戦で行われ、今回は9チーム・合計18名の選手が参加した。

9チームを3つのグループに分け、各チームが50分ヒートを2回ずつ行なうため合計6ヒート。

メンズでは、前回優勝者であるハワイのカイ・レニーとルーカス・キアンカが今回もチームを組んで出場。ルーカスがフルローテーションチョップポップに続けてバレルをメイクするなど、トータル23.34ポイントを獲得し、個人で今大会トップに立った。

また、パートナーであるカイも3位となり、ルーカス&カイのチーム優勝も果たした。

ウィメンズは、今回3名が出場。

大きな波でのカービングなど高い技術を見せつけたフランスのジャスティン・デュポンが、前回大会に続き2年連続で優勝した。

今大会最高ポイントをスコアしたのは、ブラジルのペドロ・スク―ビーの9.5。

深く大きなバレルをメイクし、Most Committed Awardを受賞した。

『The TUDOR Nazaré Tow Surfing Challenge』結果

■Award for Best Performance, Men(メンズ優勝)

ルーカス・チアンカ|BRA

■Award for Best Performance, Women(ウィメンズ優勝)

ジャスティン・デュポン|FRA

■Award for Best Team Performance(チーム優勝)

ルーカス・チアンカ|BRA & カイ・レニー|HAW

■Jogos Santa Casa Most Committed Award(最もコミットしたサーファー賞)

ペドロ・スク―ビー・ヴィアナ|BRA

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.