2021 ISA 世界パラサーフィン選手権、日本代表がメダル2つを獲得!カリフォルニア

2021年12月6日~11日、カリフォルニア・ピズモビーチにて、国際サーフィン連盟(ISA)主催の『2021 ISA World Para Surfing Championship』(世界パラサーフィン選手権)が行われた。

日本代表は2016年の第2回大会から参加しており、今回は7名の選手が出場。

本大会は、参加選手が個別に競って稼いだポイントの合計で国別ランキングが決まる仕組みだ。24ヵ国130名の選手が参加し、下記の5部門がさらに強度別に分けられて合計9クラスで行われた。

・立つ(Stand)

・膝立ち(Kneel)

・座る(Sit)

・うつ伏せ(Prone)

・視覚障がい(Vision Impairment)

※クラス分けの詳細はこちら

日本代表は、今回見事2つのメダルを獲得した。

STAND1クラス(上肢切断または先天性または障がいなどで立って波に乗るクラス)で高尾千香子がカッパーメダル(4位)を獲得。

PRONE 2クラス(水中の支援ありで、うつ伏せで波に乗るクラス)で出場した藤原智貴は、2017年大会に続いて2度目のカッパーメダル(4位)を獲得した。

団体としての日本は24ヵ国中9位となった。

今大会の日本代表出場選手は以下の7名。

島川幹生(PARA SURF STAND 1)

高尾千香子(PARA SURF STAND 1)

奈良優(PARA SURF STAND 1)

勝倉直道(PARA SURF STAND 3)

小林征郁(PARA SURF KNEEL)

藤原智貴(PARA SURF PRONE 2)

藤崎滋(PARA SURF VI-2)

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.