JPSA ロングボード最終戦は櫻岡甲太と田岡なつみが優勝!グラチャンは浜瀬海と吉川広夏

JPSAロングボードの2022年シーズン最終戦、第4戦『さわかみ日向プロ』が10月29日に終了した。会場は、26日終了したショートボード最終戦と同じ、宮崎県日向市お倉ヶ浜。

メンズでは志田下、千倉、茅ケ崎の3戦を連勝してグランドチャンピョンが浜瀬海に確定していたが、最終戦ではR5でインターフェアで敗退となってしまった。

ファイナルは、地元宮崎の秋本祥坪、櫻岡甲太、森大騎と、ルーキーオブザイヤーを獲得している武川慎の4名。ヒート時序盤はそれぞれにスコアを出し合い接戦になるも、最後はハング5とカットバックで7.00を出した櫻岡甲太が優勝!2016年以来となる嬉しい勝利だ。

JPSA INSTAGRAM

ウィメンズは、今シーズンで優勝1回、準優勝を2回と結果を残してきた吉川広夏が自身5度目のグランドチャンピョンに確定!

今回のファイナルは、吉川広夏、田岡なつみ、小栗瑞恵、大橋寛子という顔ぶれ。

後半に見事なノーズライドを決めた田岡なつみが、9.00と8.00というハイスコアを重ねて圧勝する形となった。

JPSA INSTAGRAM

JPSA INSTAGRAM

ロングボード最終戦 試合結果

■メンズ

1位:櫻岡甲太
2位:森大騎 
3位:秋本祥坪 
4位:武川慎 

■ウィメンズ

1位:田岡なつみ
2位:吉川広夏
3位:小栗瑞恵
4位:大橋寛子

Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.