JPSAショートボード最終戦、優勝は安井拓海・中塩佳那 2022グランドチャンピオンは中塩佳那と金沢呂偉!

10月23〜26日、JPSAショートボードの最終戦となる第5戦『さわかみ日向プロ』が宮崎県日向市お倉ヶ浜で開催された。

メンズでは、第2戦新島と第4戦鴨川で優勝し、ランキングトップにつける金沢がR3で敗退。ランキング2位の西慶司郎がR5を勝ち上がるも、QFで平原颯馬に敗れ、これによって金沢呂偉の2022年グランドチャンピオンが決定!

JPSA INSTAGRAM

ファイナルヒートは、安井拓海と宮崎が地元の伊東李安琉。安井は序盤こそ伊東にリードを許すも、終盤にカービングと大胆なターンで7.23を出し、そのままJPSA初優勝を決めた。

JPSA INSTAGRAM

ウィメンズは、4連勝中の中塩が前回大会ですでにグランドチャンピオンに確定していた。 この最終戦でも中塩はファイナルに進出。今シーズン3度目の川合美乃里との対戦に挑んだ。中盤まで両者6ポイント台を2本ずつ揃えて競っていたが、中塩が最後に7.33を叩き出し、そのまま優勝!5戦全勝でのグランドチャンピオンかつルーキーオブザイヤーの快挙を果たした。

JPSA INSTAGRAM

JPSAショートボード第5戦『さわかみ日向プロ』結果

メンズ

1位 安井拓海

2位 伊東李安琉

3位 仲村拓久未、平原颯馬

ウィメンズ

1位 中塩佳那

2位 川合美乃里

3位 宮坂麻衣子、川瀬心那


Article by Shiori.H

最新情報をチェックしよう!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.